ブログ

物の名前がわかる!を増やそう!

ファーストサイン

昨日放送されていたテレビ番組の内容の中で、言葉の遅れがみらる男の子のことが放送されていました。


言葉の習得についてのプロセスが画面に表示されていたのが、、、

物の名前がわかる

動作を真似する

音声を真似する

単語が言える

お話が出来る

と言うものでした。


このプロセスの『物の名前がわかる』と『動作を真似する』って、まさにファーストサインです!


と、興奮したのは置いておいて(笑)


言葉が出ない、言葉が出ないって心配になるんだけど、、、

そうなんです!まず大事なのは『物の名前がわかる』、《語彙を増やす》というのが大事なんですよね。


赤ちゃん(子ども)の中には言葉を溜めるコップがあるんです。

そのコップにたくさん言葉をたくさん覚えて溜めていって、溢れ出たその時が、発語に繋がっていくんですよね。

でも、そのコップの大きさは一人一人違うわけです。


赤ちゃんのうちからたくさんの《物の名前に触れていく》ことが出来るファーストサイン。

やっぱりみんなにもっともっと、知ってほしい!と思った1日でした☆